妊活中のお酒やたばこは絶対にNG!

お酒やたばこが妊活にどのような影響を与えるか知っていますか?禁酒・禁煙は妊活中からやっておくべき理由があるんです。妊娠を心待ちにしているベビ待ちさん必見!お酒・たばこをやめなくてはいけないその理由とは?
MENU

妊活中のお酒やたばこは絶対にNG!

妊活中なら、いつ妊娠しても良いように禁酒・禁煙するのはあたりまえ。ですが単に妊娠に備えているだけ
ではないんですよ!妊娠中はもちろん赤ちゃんに悪い影響を与えないように禁酒・禁煙しなくてはいけませ
んが、妊娠前ならお酒を飲んでもたばこを吸っても関係ないのでは?と思う方もいると思います。
ではお酒やたばこが与える妊活への影響にはどのようなものがあるのか見ていきたいと思います。

 

まずたばこは妊娠中の場合、胎児の発育に悪影響を与えることは言うまでもなく誰もが知っていることと
思います。ですので、妊娠すればどうせ禁煙するのだから、妊活中から禁煙しておけば良い。というのは
ごもっとも。ですが禁煙はそんなに簡単にできるものではありません。愛煙家にとってはとても難しいこと
なんですよね。妊娠してお腹に赤ちゃんがいると分かれば禁煙も簡単にできてしまうのが母親のスゴイとこ
ろなんですが、まだ妊娠前となるとよっぽどの強い意志がなければなかなかできないと思います。
ですが、喫煙することで妊娠しにくい体になっているとしたらどうですか?
たばこにはニコチンという有害物質が入っています。ニコチンは血管を収縮させて血流を悪くしてしまいま
す。その為妊娠中の喫煙は「赤ちゃんが苦しい思いをしてしまう」「赤ちゃんに栄養が行かなくなる」と
いうことがよく言われます。これが妊活中の場合では喫煙者の卵子や精子は質の低下がみられ、数はたばこ
を吸わない人に比べて少ないことがわかっており、また卵巣の機能自体を弱くしてしまうこともわかってい
ます。これが妊娠を難しくすると言われる理由です。不妊治療中の場合はなかなか妊娠できずにいるとスト
レスから、ついたばこを吸いたくなってしまうこともあると思いますが、ニコチンによる影響を考えると悪
循環だということがわかって頂けたと思います。早く妊娠したいのであればストレスを溜めない工夫をした
り、別の方法でストレスを発散させるように考え、やはり禁煙に努力した方が良いでしょう。

 

次にお酒です。近年、妊娠中に飲酒することは喫煙する事よりも胎児にとって悪影響を与えると言われてい
ます。胎児性アルコール症候群にかかってしまった場合、治療法がないからです。その程度は成長の遅れか
ら発達障害、奇形など個人差があります。赤ちゃんの健やかな成長の為に絶対に禁酒した方が良いのです。
では妊活中はというと、飲んではいけないという事は特にありません。ただ、過度な飲酒は生理不順を引き
起こし、妊娠しにくい状態を作ってしまいます。どうしても禁酒しなければいけない訳ではないのですが、
妊娠を希望しているのですから、もし飲酒する場合はコップ1杯程度に抑えるようにしましょう。

 

以上の点からお酒やたばこは妊娠中に限らず妊活中にも止めておいた方が良いことがわかると思います。
将来授かる赤ちゃんの為にも少しづつ量や本数を減らすなど、妊娠に向けた準備として禁酒・禁煙活動も
同時進行する必要があると言えるでしょう。

 

どの葉酸サプリにしようか迷っている場合は、ベルタ葉酸が人気ありますよね!
⇒ベルタ葉酸が人気

このページの先頭へ